名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

降るの?降らないの?雨待ちチキンレースinブラジル

2016/04/20

「おおっ!」

「よしっ!」

「ああー・・・(がっかり)」

以上、ブラジルグランプリのオープニングラップ1周目の始まりから終わりまでの私の気持ちでした。

レースのスタートでトップを取るというのは、サッカーで言えば先制点を奪うのと同じ、つまりそれだけ有利ということなんですが、予選2番手ながらスタートで1位に踊りでたメルセデスのロズベルグはそれをオープニングラップが終わるとともにあっという間にヴェッテルに奪い返されてしまいました。

それにしても金曜日、土曜日と雨が降ったのに日曜日は持ちこたえてしまいましたね。

しかも、今にも降り出しそうなのになかなか落ちてこないから、みんなタイヤ交換のタイミングを掴めずじまいで、ボッタスとハミルトンが接触したことによってタイヤを壊したのをタイヤの寿命が来たのと勘違い。

結果、各チームのマシンが同じタイミングで続々とピット・インしましたが、あれがなかったらみんなどこまであのタイヤで行ったのか気になるところ。

今シーズンはサマーブレイクの前と後とではまったく違うシーズンでした。前半戦は5人のウィナーがしのぎをけずるなかヴェッテルがややリードする展開。一方の後半戦はなんと勝者はヴェッテルだけ、その結果の新記録9連勝。

こうしたシーズンになった大きな理由の1つがピレリタイヤの変更なのが、個人的には気に食わないですが、最後に今シーズンを総括しますと、結局、つまるところ、

可夢偉がいなくて寂しかった!

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。