名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

ヴェッテル4連続王者&続・ ライコネンはステイアウトスべきだったか

2016/04/20

ヴェッテルのタイトルが決まりましたね。

失意の可夢偉シート喪失で始まった今年の長い長いF1シーズンもこれで一区切り、じゃあみなさんまた来年!

・・・かと思ったら今週にはまたアブダビがあるし、その2週間後には南北アメリカ2連戦もありました。でもまあ、これで私もヴェッテルの独走に対してグチグチ文句言う必要もなくなるってもんです。

さて、今回のインドGPを面白くしたのはやはりロータスの2台ですよね。

まさかまさかの1ストップ戦略でしたが、ライコネンのタイヤが最後の最後で力尽きた一方で、グロジャンはなんとかタイヤを持たせて表彰台を獲得。

キミの場合、TOP10圏内だったので予選で使ったタイヤを使わなければならず、結果第1スティントを短くせざるを得ず、一方のロマンはまさかのQ1落ちでしたが、おかげで新品を使えた点が明暗を分けました。

それにしても、ロータスのタイヤ持ちが良いというマシンのキャラクターは、今年のF1を面白くしてくれますよね。

ライコネンはもしかしたら1ストップをどこかで諦めて新しいタイヤで行ったほうが、一度はペレスの後ろに落ちたとしてもその後抜ける可能性があったかもしれない。それでもギャンブルしてくれたおかげで、レースが面白くなりました。こうやって、他のマシンと違ってギャンブルできる、それが今年のロータスのキャラクターであり良いところ。

ドイツではキミはギャンブルせずに無難な結果に終わり、今回は結果としてキミの方は失敗に終わりましたが、残り3戦もロータス勢にはレースをかき回してほしいものです。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。