名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

F1

日本グランプリが終わっても「まだ」4戦もあるんですね

2016/04/20

日本グランプリが終わってしまいましたね。

結局、今年も行けずじまい。実はこの時期というのは社労士試験の受験生からすると、社労士試験が終わり、その結果が出るまであと1ヶ月、という何とも言えない期間。

去年の私もまさにそういう状態。

しかし、開業資金などのこともあって鈴鹿でF1を観戦するお金はないということで、レーススタッフとして何とかならないかと考えていたりもしたのですが、結局いろいろな兼ね合いもあり行けず。

そうしたら、去年は可夢偉が表彰台を獲得しちゃったわけですよ。

なので、去年に比べたら多少はお金に余裕はあったものの、可夢偉のいない、去年以上のグランプリは望めない今年の日本GPに行こうというモチベーションがなかなか生まれず行かずじまい。でも、やっぱ行きたかったなあ。

さて、レースの方は、今年も勝ったのはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。

ポールを取ったのはウェバーで、オープニングラップをとったのはロータスのグロージャンでしたが、それでも勝ったのはいつも通りのベッテルだったわけです。

ポールスタートだったウェバーはスタートでグロージャンに抜かれ2位。その後もずっとベッテルの前にはいたわけですが、まさかの3ストップ。鈴鹿という抜きにくいコース、他がほとんど2ストップという中で3ストップを成功させようと思ったら、リーダーならともかく2位のポジションからでは無理。首脳陣は言い訳してましたが、これは明らかなチームオーダーの一種ですよね。

また、スタートで前に出たグロージャンは結局レッドブル勢にかわされ3位。頑張ったのは確かですが、ガソリンがギリギリでレース終了後にすぐにマシンを止めた姿を見たときに、レッドブル勢とは自力に大きな差があったなとも思ってしまいました。
次はインドですか。ていうか、まだ4戦もあるんですよね。タイトル争いが盛り上がっているときは「まだ4戦」も嬉しいのですが、これだけベッテルが圧倒的だとちょっとだれますね。

The following two tabs change content below.
名古屋の社労士事務所、川嶋事務所の代表で、このブログの筆者。 新しいこと、もの、特にIT関連が大好きで、社労士としては会社・労働者のITトラブル対策・就業規則作成が得意分野。 2016年4月から9月まで中日新聞で「働く人を守る労働保険」を連載、開業社労士専門誌「SR」に寄稿するなど、メディアでの執筆活動も。