名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

Q3 安全管理者や安全衛生推進者とは何ですか?

A3 一部業種で選任が義務付けられている、労働災害の防止等のため職場の安全を管理する人です

安全管理者

常時50人以上の労働者がいて、以下の業種に該当する事業場では安全管理者を選任する必要があります。

林業、鉱業、建設業、運送業、清掃業、製造業(物の加工業を含む。)、電気業、ガス業、熱供給業、水道業、通信業、各種商品卸売業、家具・建具・じゅう器等卸売業、各種商品小売業、家具・建具・じゅう器等小売業、燃料小売業、旅館業、ゴルフ場業、自動車整備業及び機械修理業

 

安全管理者として専任できるのは以下のいずれかの条件を満たすものだけです。

  1. 大学または専門学校における理系の正規過程を修めたもので、2年以上の産業安全の実務経験があるもの
  2. 高校または中学における理系の正規過程を修めたもので、2年以上の産業安全の実務経験があるもの
  3. 労働安全コンサルタント
  4. その他厚生労働大臣が定めるもの

また、衛生管理者同様に、安全管理者は専属(常にその事業場にいる)である必要があります。

安全管理者を専任した際は、管轄の労働基準監督署に報告する必要があります。

 

安全衛生推進者

安全衛生推進者は、安全管理者の選任が必要な業種で事業場の規模が10人以上50人未満の場合に選任する必要があります。また、衛生推進者の役割も兼ねるため、このような名称となっています。

業種と講習の内容が「安全衛生推進者」の講習であること以外は、選任資格や注意事項など、基本的に衛生推進者と同じです(Q1参照)

2016/05/30