名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

Q2 衛生推進者を調べていたらほかにも安全衛生推進者や衛生管理者などが出てきました。衛生推進者との違いは何ですか。

A2 業種や事業場の規模によっては衛生推進者ではなく、安全衛生推進者や衛生管理者を選任する必要があります

10人以上50人未満の事業場では、衛生推進者を選任する必要があります。

では、50人以上の事業場はどうかというと、衛生推進者ではなく衛生管理者を選任する必要があります。

衛生管理者は、以下のいずれかの資格を持つものから選任しなければなりません。

  1. 第1種衛生管理者免許を持つもの
  2. 第2種衛生管理者免許を持つもの(業種によっては不可)
  3. 衛生工学衛生管理者免許を持つもの
  4. 医師
  5. 歯科医師
  6. 労働衛生コンサルタント

ただ、衛生管理者は基本的にその事業場に専属(常にその事業場にいる、ということ)である必要があるので、開業の医師や歯科医師を選任することはできません。

 

また、事業場の規模によっては、以下の表のように複数の衛生管理者を専任しなければなりません。

事業場の規模(常時使用する労働者数) 衛生管理者数
 50人~200人  1人以上
 201人~500人  2人以上
 501人~1000人  3人以上
 1001人~2000人  4人以上
 2001人~3000人  5人以上
 3001人~  6人以上

さきほど、衛生管理者は専属である必要があると書きましたが、複数の衛生管理者がいる場合で、その中に労働衛生コンサルタントがいる場合は、その労働衛生コンサルタント1人に限り専属不要となります。

(衛生管理者に、労働衛生コンサルタントが複数いる場合も、専属不要なのはそのうちの1人だけ)

 

衛生管理者を専任した際は、事業場管轄の労働基準監督署に報告書を提出する必要があります。

安全衛生推進者についてはQ3で解説します。

2016/05/30