名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

名古屋市営地下鉄名城線、西高蔵駅から北へ徒歩3分、国道19号線沿いの社労士事務所

Q10 会社に労働者が10人ほどしかいませんが、ストレスチェックを行う必要はありますか?

A10 ストレスチェックは50人以上の事業場では実施義務がありますが、50人未満の事業所では努力義務となります

ストレスチェックは常時50人以上の労働者を使用する事業場において、1年に1回、定期に実施する義務があります。また、ストレスチェックを実施した際には所轄の労働基準監督署に結果報告書を提出する義務もあります。

 

しかし、50人未満の事業場については努力義務となっていて、必ずしも実施する必要はありません。

一方で、50人未満の事業場でも、労働者のメンタル管理のためにストレスチェックを実施する、という事業場もあるでしょう。

その場合は、たとえ50人未満の事業場であっても、法律に則ったものでないといけません。たとえば、会社が労働者に無断でストレスチェックの結果を知ろうとしたりしてはいけないわけです。(ただし、所轄の労働基準監督署への結果報告書の提出義務はありません)

また、地域産業保健センターでは、ストレスチェックの実施自体は行っていないものの、ストレスチェックで高ストレス者がわかった際の面接指導については、対応してくれるそうなので、50人未満の事業場でストレスチェックを行う際は利用を検討してみてもいいかもしれません。

地域産業保健センター(独立行政法人労働者健康安全機構 愛知産業保健総合支援センター)

 

ストレスチェックの詳しい制度の説明については、過去にブログの方で行っていますので、よろしければこちらをご覧ください。

3分でわかるストレスチェックの概要

2017/02/02