先代・本部建二について

2015年11月9日

  1. HOME >

先代・本部建二について

名古屋で生まれ、名古屋を愛したわたしの叔父

本部建二とは、わたし川嶋英明の叔父であり、2011年6月に脳腫瘍でこの世を去るまで、名古屋市を中心に社会保険労務士として活躍していました。

叔父は1992年に社会保険労務士及び行政書士の事務所として、本部事務所を愛知県名古屋市で開業。

社労士としての成功はもちろんのこと、その枠を超えてテレビ、ラジオへの出演、雑誌への寄稿や講演など様々な分野で活躍しており、愛知県の社労士で本部建二のことを知らない人はいないといえるほど有名でした。

下記のリンクは、叔父が生前に執筆した書籍となります。

叔父が確かにこの世に生きていた証として、誠に勝手で個人的な理由ながらここに記載させていただいています。

本の内容自体は少し古くなっているかもしれませんが、もし機会がありましたら手にとって読んでいただけると幸いです。

ちなみに、

「自分の出した本はすべて初版を売り切っているので出版社に迷惑をかけたことはない」

というのが叔父の自慢の一つでした。

 

社労士のすべてがわかる本―半年で試験に合格するコツから開業成功のノウハウまで(1992年)

(叔父曰く、「自分で読んでも面白い」、そうです。)

 

これで成功する社労士開業マニュアル―実務、顧客のつかみ方、仕事のコツ、開業に必要なノウハウがすべてわかる本(1995年)

(まだ自分が成功もしていないのにとりあえず書いた、と笑っていました。)

 

でらムズッ 大名古屋検定(2006年)

(発売された当時、名古屋市内の本屋さんでは平積みされたり、これをきっかけに新聞等に取材され、テレビやラジオにも呼ばれたそうですが、僕はちょうど大学進学のため上京していた頃で、その活躍を直接目撃することはできませんでした。)

kijiimage_3

2015年11月9日